ウォーターサーバーの気になる電気代

###Site Name###

近年、一般家庭にもかなり普及してきているウォーターサーバーですが、利用者がお水の品質などや価格にはかなり気を付けてチェックしていても、意外とその際にかかるサーバーの維持費用、電気代を失念している場合があります。


ウォーターサーバーは、それだけで美味しい冷水、温水(お湯)が利用する事ができる便利な代物な訳ですが、その分、毎月電気代が生じてしまいます。

その気になる、ウォーターサーバーの電気代ですが、近年の各メーカーの開発努力によって、大分負担が少なくなってきています。
一般的なウォーターサーバーの毎月にかかる電気代は、約1000円前後くらいとされていますが、実際は各メーカーがこぞって電気代を抑えた商品を提供しているため、1000円よりも低価格を実現しているケースが多くあります。

実際にメーカーの商品でも種類、モデルタイプによって、多少の差がありますが、あるメーカー公式発表の金額では、350円から1000円程度と公表されています。



金額が抑えられている主な理由は、省エネモード(メーカーによって名称は異なります)が採用されているウォーターサーバーモデルである事が挙げられます。



一般的に利用が少なくなるであろう、深夜帯から早朝時などの時間帯には保温時の水温度を低下させる事で、消費電力を抑える機能を採用する事で、毎月かかる電気代のコストダウンを実現し、CO2の排出量も減らす地球環境にも配慮した物となっています。