災害時にも便利なウォーターサーバー

###Site Name###

東日本大震災の後、皆さん災害時や非常時のために水や非常食の蓄えなどを重要視されるようになりました。


そんなときにウォーターサーバーを置いているご家庭ではお水が沢山常備されているので安心です。

ウォーターサーバーのお水は定期的に新しい未開封の物が宅配されてくるので常に新鮮なお水を家にストックする事になりますし、一般的に人間1人あたりの一日に使用するお水は3Lと言われていますので通常のウォーターサーバーの水ボトル1本(一般的に12Lの物が多い)あればざっと計算しても4日分は確保されている事になります。



ただしよく言われるのがウォーターサーバーは電気が無ければ水が出ないのではないかという事です。
これについては通常は電気を利用して冷水・温水を使う事が出来ますが、停電時であってもコックをひねったりボタンを押せば常温水は出てきますので停電時の心配もいりません。



また、サーバーに設置されていなくてもストックされている分があればボトルから直接歯磨きやトイレ、手洗いに使用できますし持ち運びにも便利なので屋外でも便利です。

このように非常時の水の貯えは日常から行う必要があるためウォーターサーバーはおすすめです。ちなみに留守がちの方や単身者でも利用しやすい超小型タイプやコンパクトタイプ、スリムタイプのサーバー、そしてボトルも12Lだけではなく7Lほどの物や4Lほどの物などもありますので試しに設置してみるのも良いでしょう。